MERS長期化で“韓国人拒絶”の動きが世界に拡大!

MERS長期化で“韓国人拒絶”の動きが世界に拡大・・韓国ネットは「地球の迷惑国家になった」「国がこんなにダメだとは…」


17日の韓国メディア・ヘラルド経済によると、韓国の中東呼吸器症候群(MERS)問題が長期化する中、各国で韓国人の入国に警戒を強める動きが広まっている。
シンガポール政府は最近、空港内の韓国便のゲートに熱感知センサーを設置すると発表した。だが、ある韓国企業の経営者は、「韓国からのすべての旅行者は、発熱しているかどうかは関係なく、病院で検査、結果を確認するまでほぼ1日を病院で過ごさねばならないと聞いた」と話している。この経営者は出張を取りやめたという。また、シンガポールのある投資銀行は、シンガポール福祉部の指示に基づいで18~19日に予定されていた韓国企業関係者との会議をキャンセルした。

フィリピン政府も、韓国からの入国者については動向把握に努めている。フィリピン当局は「韓国の旅行者の規制は不要という世界保健機関(WHO)の立場に従うが、自国民保護のために検疫は強化した」と説明している。

一方、カナダでは政府は特段の措置をとっていないものの、民間で韓国人を拒否する動きが広がっている。ある韓国人女性(27)は、カナダ旅行を予定していたが、予約したホテルから一方的にキャンセルの通知を受けた。ある大学生はホテルを予約しようとしたが「MERSのため難しい」という連絡を受けたという。
また、ある化学薬品メーカーは、日本の取引先との会議がMERSを理由にキャンセルされた。
このほか、香港政府は9日に韓国への渡航自粛を勧告したが、韓国人の香港訪問を拒否する事例も急増しているという。マレーシアとベトナムの政府も、香港と同様の措置をとっており、MERS感染国のアラブ首長国連邦も京畿道を「旅行注意地域」に指定している。




これに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
「最初の患者の対応が消極的すぎた。事なかれ主義が招いた国際的な孤立。経済損失はこれからもっと大きくなるのに、どうするんだ?」
「一瞬で地球の迷惑国家になった」
「隔離者は数千人、死亡者は20人。国際社会の対応は間違っていない」
「自宅隔離は話にならない。最初から統制しておけば、こんな事態にはならなかった」
「他の国の立場も理解できる」
「これでも、また与党を選ぶのか?初期対応を怠るとどうなるか、はっきりした」
「Do You Know MERS?」
「正直に認めるよ。韓国が悪かった。私たちもこの国がこんなにダメだとは知らなかった。言い訳もできない」
「アフリカの国が行事で韓国に来ようとした時、エボラが流行っているからダメだと断った。同じことをされているだけ。やられた気分はどうだ?」
「国の統制下にない東南アジアの不法滞在者がMERSになって、国内を出歩いていたら、もう韓国は終わりだ」
「感染症の患者に対して自宅で待機しろという国があるか?三流のコメディ映画みたいだ」
「朴大統領は韓国を孤立させた売国奴になり下がった」
2015年6月18日(木)5時44分配信 FOCUS-ASIA.COM(編集 MJ)

実際、各国で、 ↓

スロバキアでMERS発症か=韓国人男性、病院で隔離

 【ブラチスラバAFP=時事】中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスに感染した恐れのある韓国人男性(38)が、訪問先のスロバキアで体調を崩して入院した。病院関係者が13日、AFP通信に明らかにした。
 この男性は、スロバキア北部ジリナに拠点を置く起亜自動車の下請け企業で働いており、3日にスロバキアへ入国。下痢や発熱などの症状を訴え、ブラチスラバの大学病院に搬送された。
 スロバキア保健省の報道担当官によると、男性は警察に付き添われて救急車で運ばれ、他の患者と接触しないよう隔離された。ジリナの保健当局者は、男性が滞在していたホテルでも感染防止措置を講じたと説明している。 
2015年6月14日(日)6時5分配信 時事通信

チェコでMERS感染か、韓国から帰国の男性が入院

[プラハ 16日 ロイター] - チェコの首都プラハの病院は16日、中東呼吸器症候群(MERS)に感染した疑いのあるチェコ人男性が入院したことを明らかにした。男性は韓国を観光で訪れていたという。
韓国では16日時点でMERSの感染者数が154人となり、そのうち19人が死亡した。
プラハの病院の広報担当によると、男性は隔離病棟に入院し、現在は検査の結果を待っている。チェコではこれまでのところ、MERSの感染は確認されていない。
2015年6月17日(水)11時19分配信 ロイター

MERS自宅隔離対象者6人が日本に入国、うち3人が韓国人=韓国ネット「真の愛国者だ(笑)」「韓国人の市民意識は最低レベル…」

2015年6月18日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)感染の疑いがあるとして監視対象となっていた6人が日本に入国していたことが分かった。
菅義偉官房長官は18日の定例会見で、「韓国でMERSの拡散を防ぐために自宅隔離対象となっていた韓国人3人、日本人3人の計6人が日本に入国したことが確認された」と明らかにした。このうち4人は観察の対象期間が過ぎており、残り2人は現在も観察を続けている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。
「韓国は政府も問題だが、国民性のレベルも本当に低い」
「国家のイメージは国民がつくるものだ。国の恥さらし!」
「たとえ日本でも、他の国に迷惑を掛けないで…」
「ついにMERSを日本に輸出!」
「日本にMERSを持って行こうとしたのか?真の愛国者だね(笑)」
「笑ってはいけないと分かっているが、日本と聞いて思わず笑ってしまった。日本に行く前に大統領府に寄ってほしかった(笑)」
「やっぱり韓国人(笑)。自分も含め、韓国人全員が憎い」
「MERSのせいで『韓国人の市民意識は最低レベル』と全世界が知ってしまった」
「彼らの出国を見逃した政府も問題だし、隔離対象と分かっていながら出国した彼らも問題」
「政府が『MERSは風邪と同じだから、外国人は韓国にどんどん遊びに来て』と言っているからこんなことになるんだ」
「MERSに関する特別法を制定するべき。自宅隔離対象者が海外へ出国した場合は無期懲役に処する!」 2015年6月19日(金)12時5分配信 Record China(翻訳・編集/堂本)

【関連記事】
各国が韓国への渡航自粛勧告!MERS震源の中東でも相次いで
MERSが怖い!韓国で保険金目的の入院患者が減少
「みんなにうつしてやる!」MERS患者が隔離部屋から“脱走!他にも
MERS感染者150人、隔離対象5千人超に拡大。4次感染者も5人に!
【嫌韓】世界で広がる韓国人への襲撃!韓国メディアが危機感伝える
韓国人の嫌韓化が加速 米国やカナダへの移民が後を絶たない

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-06-20 00:22 | 政治・経済(1341)