韓国、国家財政に赤信号!?苦肉の策で追加補正予算を持ち出すも

韓国、国家財政に赤信号!?「苦肉の策」で追加補正予算を持ち出すも…=韓国ネット「家計じゃなくて国が破綻?」「このままだと日本に…」


2015年6月25日、韓国・ソウル経済は、韓国政府の追加補正予算案編成で国の財政に赤信号がともったと報じた。
中東呼吸器症候群(MERS)によるハードランディングを防ぐために、韓国政府は苦肉の策として補正予算というカードを持ち出したが、資金調達には赤字国債を発行することになる。今年の国家債務も政府が予想していた570兆ウォン(約63兆円)より少なくとも10兆ウォン(約1兆1100億円)以上増えているとみられている。任期内に均衡財政を成し遂げるとした朴槿恵(パク・クネ)大統領の公約も、事実上、達成不可能となった。

実際、2009年と2013年の大規模な補正予算は、管理財政収支(総収入から総支出と社会保障基金収支を差し引いたもの)を悪化させ、国家債務を大幅に増やした。政府が28兆4000億ウォン(約3兆5000億円)の補正予算を出した2009年には、43兆3000億ウォン(約4兆8000億円)の財政赤字が発生しており、国家債務は1年で48兆2000億ウォン(約5兆3300億円)増加した。17兆3000億ウォン(約1兆9100億円)の補正予算を編成した2013年にも、財政赤字が21兆1000億ウォン(約2兆3300億円)増加し、国家債務は38兆9000億ウォン(約4兆3000億円)となっている。




一方で、政府は補正予算が「呼び水」となり、経済が再生することにより、財政の健全性の問題も解決できると見ている。企画財政部の関係者は、「短期的に財政の健全性がある程度悪化することは避けられない」とし、「経済が復活すれば国内総生産(GDP)が増加し、歳入が増え、中長期的には財政の健全性の確保が可能である」としている。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。
「またIMFのお世話になるような気がする」
「深夜に突然、『IMFに救済を求めます』と記者会見するんじゃないだろうな?」
「次の大統領は本当に大変だ。国家破産宣告を出さないといけないかもしれない」
「役に立たない国会議員を減らそう」
「カネがない時には節約しなければだめだ。借金ばかりしていては破綻は目に見えている」
「昨日も今日も明日も明後日も、うんざりした日が続く。いつまで、奴隷のように生きなければならないのだろう。すべて李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)から始まった」
「家計破綻が問題になっているが、国家破綻を心配しないといけないのではないか?」
「今回の政権は何もしていないのに、借金だけがなぜ雪だるま式に増えるんだろう?」
「このまま行ったら、米国か日本に国を売り飛ばすことになりそうだ」(翻訳・編集/三田)
2015年6月29日(月)6時40分配信 Record China


ギリシャのデフォルト、韓国経済に暗雲=韓国ネット「どれだけ世界経済を不安定にするつもりだ」「韓国にも近い将来メガトン級の衝撃が来る」

2015年6月28日、韓国・聯合ニュースは、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥る場合、韓国経済にも影響が及ぶ可能性があると伝えた。
ギリシャ政府は債権団の救済協議案を拒否し、欧州連合(EU)などから金融支援の条件とされていた財政緊縮策の賛否を問う国民投票を実施することになった。ユーロ圏の財務相協議体であるユーログループは、国民投票が終了するまで救済を延長してほしいとするギリシャの要求を拒否し、現実的にギリシャはデフォルトに一歩近づいた。

韓国とギリシャの直接的な交流額は少ないが、ギリシャのデフォルトが現実になると、欧州経済への影響が韓国にも及ぶとされ、韓国経済の代表的な対外不確実性の要因として挙げられてきた。韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、「韓国経済対内外の不確実性の要因は、MERS(中東呼吸器症候群)、ギリシャ債務交渉、米国連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き上げによる国際金融市場の変動の三つある」と述べていた。ギリシャのデフォルトが現実になると、金融市場が影響を受け、欧州地域への輸出が減少するものとみられる。しかし、衝撃は限定的だというのが政府と専門家の展望だ。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。
「韓国の姿を見るようだ」
「結局デフォルトしそうだな」
「国の経済が難しい時だから年金額を削減しようとすると、暴徒化する国民。まるで韓国の民主労組のデモを見ているようだ」
「ギリシャがいつか滅びる国だということはとっくに分かっていた。世の中に他国の金で暮らしていて良い国なんてある訳ない」
「ギリシャはユーロ圏の病巣だ。もうこの国に引きずられずに、今回はちゃんと処置せねばならない。ギリシャ問題でいつまでも世界経済の足を引っ張っていてはならない」
「ギリシャの無理な無償福祉…。韓国もこうなるのではいか?」
「ギリシャはデフォルトにして、整理しなければならない。どれだけ世界経済を不安定にするつもりだ」
「金を借りて使っておいて、返せないなんて言う国は、滅ぶしかないだろう」
「ギリシャに支払猶予をしても、同じことだ。次の支払期限で、また猶予せねばならない。デフォルトで整理しなければならない」
「ギリシャを心配している時ではないぞ。私たちも高額年金、放漫な公企業、無償福祉、不動産バブル崩壊などで、遠くない将来にメガトン級の衝撃が波及する時が来る。果たして最終的な勝者は誰になるか」
2015年6月29日(月)16時26分配信 Record China (翻訳・編集/三田)

【関連記事】
韓国で大卒の就職難が深刻化、100人中97人は就職できず?
韓国版「サブプライム」に例えられた住宅担保ローンの深刻
韓国、上位500社に赤字転落続出!朴政権は日本接近を狙うが・・・
韓国の中小企業に崩壊危機!?「中韓FTA」が発効となれば・・・
ウォン高・韓国にジワリ迫る「輸出氷河期」 23万人雇用消失も
韓国、MERSの次は124年ぶりの大干ばつ=MERSよりも深刻!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-06-29 23:54 | 政治・経済(1341)