【経済危機】韓国!円安に続くギリシャ、中韓FTA、MERSと満身創痍

韓国の製造業、本当に大丈夫?・・・「中韓FTA」で満身創痍、全産業が中国に「フルボッコ」の恐れも=韓国華字メディア

 韓国メディア・亜州経済の中国語版は18日、優位性が見いだせない韓国の製造業が、中韓FTAにおいて最大の被害者になる可能性があるとする評論記事を掲載した。
 記事は、今月18日にロシアのモスクワ―カザン高速鉄道プロジェクトを受注するなど、中国高速鉄道が急速に世界で契約や商談を進めているのに対し、中国より4年早く高速鉄道を開通させた韓国の高速鉄道業界はいまだに何の輸出の成果も挙げていないことを紹介した。

 そのうえで、韓国貿易協会の首席研究員が「中国は広い国土面積を持っており、試験や商用の範囲も広いことが、高速鉄道技術の急発展を後押ししている。電気自動車、太陽エネルギー、風力発電などの技術でも韓国をリードしている」と分析、韓国はハイエンドスマートフォン、半導体、ディスプレイなどで引き続きリードしているもの、製造業全体を見れば「韓国はもはや中国にとって追いかける目標ではなくなった」と評したことを伝えた。

 また、今月5日に韓国政府・産業通商資源部が国会に対して提出した中韓FTAによる経済への影響評価報告のなかで、FTAを通じた貿易と投資の拡大によって今後10年間、韓国のGDPを0.95%押し上げるの予測が出されたことを紹介。一方で、業界によって状況が大きく異なり、FTAによって大きなダメージを受けるのは農林水産業ではなく、製造業であると分析されたことを報じた。




 このため、韓国政府が2025年までに製造業に対して8035億ウォン(約894億円)の財政支援を行う計画であると伝える一方、「問題は、急発展する中国の技術が(関税撤廃範囲が拡大する)10年以内に現在韓国に強みがある工業分野での競争力を高めた場合、韓国企業は完全にFTAから何のメリットも得られなくなる点だ」と指摘した。

 そして、韓国・崇実大学の経済学教授が「中国は製造業においてわれわれの予測を上回るペースで追いついてきている。韓国は危機意識を強化して、イノベーションのムードを創造するとともに、中核技術の開発に力を注がなければならない」と提言したことを併せて紹介した。
2015年6月28日(日)13時41分配信 サーチナ(編集担当:今関忠馬)


韓国、円安に続くギリシャ悪材料…17%減の対EU輸出にまた打撃

29日未明、ソウル良才洞(ヤンジェドン)のKOTRA(大韓貿易投資振興公社)の社屋に報告が入った。ギリシャ・アテネ現地から送られた「情報報告」だった。ギリシャ企業と貿易をする韓国国内企業に「非常対応」を注文した。KOTRAアテネ貿易館は「現地企業の代金未納や倒産など非常状況に備えた慎重な取引が必要だ」と強調した。

造船業界の懸念が深まっている。ギリシャに多くの船を輸出してきたからだ。韓国の対ギリシャ輸出の80%を船舶が占めるほどだ。ギリシャ危機が伝えられた直後から国内重工業企業は現地取引先の現況を問い合わせる作業に入った。造船会社の関係者は「ギリシャの船会社はほとんど税金・安全規定が有利な南米やパナマなどに船を登録する『便宜置籍』を活用しているため、現地の危機にすぐには影響を受けないだろう」としながらも「しかし危機が長引けば、輸出が減少するしかない」と心配した。

ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念で韓国産業界はもう一つの「時限爆弾」を抱えることになった。韓国とギリシャの貿易量は昨年14億6000万ドル(約1兆7000億ウォン)ほどだ。KOTRAアテネ貿易館は「現地企業が金融機関の貸し渋りで資金難を迎えている」とし「ギリシャ輸入企業が海外の物を購入できない状況」と伝えた。特に韓国の主力輸出品の携帯電話・家電製品・蓄電池・石油化学原料などが打撃を受けるという見方を示した。

何よりも韓国の輸出が今年に入ってユーロ安・円安で致命傷を受けているため、「ギリシャ発衝撃波」の懸念はさらに強まっている。特にギリシャがデフォルトを宣言する場合、イタリア・スペイン・ポルトガルとともに財政危機を迎える「南部欧州」に危機が伝染するという「破局的シナリオ」も浮上している。このため欧州連合(EU)全体に対する韓国の輸出まで影響を与えるという憂慮もある。韓国貿易協会によると、1-5月の対EU輸出はユーロ安などの影響で190億9600万ドルにとどまり、前年比で16.7%減少した。

韓国貿易協会国際貿易研究院が29日に発表した「輸出産業景況判断指数(EBSI)」調査で韓国国内の輸出企業755社の7-9月期の指数は98にとどまった。輸出景気の見通しが明るいという意見が多いほど指数は200に近づき、暗いという意見が多いほど0に近づく。国際貿易研究院のカン・ネヨン研究員は「輸出対象国の景気不振(16%)と為替レートの変動性拡大(14%)を懸念する声が最も多かった」と述べた。
ギリシャ危機が長期化すればMERS・干ばつ・輸出不振で冷え込んだ「経済心理」がさらに悪化する可能性が高い。全国経済人連合会が29日、売上高600大企業を対象に調査した「7月の企業景況判断指数(BSI)」は84.3となり、2012年末の欧州財政危機以来3年7カ月ぶりに最低水準となった。

適切な解決方法がないという点も悩みだ。大韓商工会議所のチョン・スボン経済調査本部長は「企業が輸出競争力を持てるよう規制改革を加速する必要がある」とし「長期的に為替レートの影響を受けないよう、製造業・輸出に偏った産業構造をサービス業・内需中心に再編しなければいけない」と述べた。
2015年6月30日(火)8時2分配信 中央日報日本語版



韓国観光業がMERSで危機 景況感も見通しも過去最低

【ソウル聯合ニュース】韓国での中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染拡大が、観光業に深刻な打撃を与えている。
 韓国文化観光研究院が30日公表した観光業の4~6月期の景況判断指数(BSI)は14で、調査を始めた2007年4~6月期以降で最低となった。韓国旅客船セウォル号沈没事故が起きた昨年同期(53)を39ポイント、リーマン・ショック後の2009年1~3月期(50)を36ポイント、それぞれ下回る。
 調査は観光振興法上の観光事業者149社を対象に実施された。BSIは100を上回ると、景気を良いとみる企業が悪いとみる企業より多いことを意味し、100未満ならその逆となる。

◇韓国人の国内観光も不調
 MERSは韓国人の国内観光の意欲を大きくそいでいる。観光業のうち、韓国人向けの国内観光業のBSIは0だった。景気を良いとする事業者は1社もないことを意味する。
 また、中国人観光客が主に利用する低・中価格帯ホテルのBSIは5にとどまった。中国人をはじめとする外国人を誘致し観光させる一般旅行業のBSIも16と低調だ。
 BSIの詳細をみると、売上高(15)だけでなく、収益性(15)や資金繰り(17)もそろって調査開始後で最も低い数値を記録した。

◇7~9月期の見通しも暗く
 4~6月期の調査でMERSの影響が反映されたのは20日程度だったにもかかわらず、最悪の結果となった。観光業の被害は今後さらに膨らむ見通しだ。
 7~9月期の景況見通しは21と集計された。前年同期(73)から52ポイント低下し、過去最低となった。
 外国人向けの一般旅行業の景況見通しが16、低・中価格帯ホテルが17、国内旅行業が20で、先行きは不透明だ。
 売上高の見通しは21、収益性と資金繰りの見通しはそれぞれ25と いずれも前年同期から50ポイント前後落ちこんだ。 
 文化観光研究院の関係者は「7~9月期も観光業はMERSの影響を克服できず、大きな困難に直面する可能性が高い」と話す。業界は政府に対し納税猶予などの対策を要請しているという。
2015年6月30日(火)10時4分配信 聯合ニュース

【関連記事】
韓国の「キムチ貿易赤字」が拡大 円安で対日輸出不振
韓国、上位500社に赤字転落続出!朴政権は日本接近を狙うが・・・
韓国の中小企業に崩壊危機!?「中韓FTA」が発効となれば・・・
円安・輸出不振にあえぐ韓国、「メイド・イン・コリア」に危機
各国が韓国への渡航自粛勧告!MERS震源の中東でも相次いで
韓国、MERSの次は124年ぶりの大干ばつ=MERSよりも深刻!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-07-01 06:29 | 政治・経済(1341)