北朝鮮も大干ばつ!数カ月内に支援がなければ飢餓状態に

北朝鮮、数カ月内に支援がなければ飢餓状態に


 国連人権高等弁務官事務所のザイド・フセイン弁務官は今月26日、米国CNNテレビとのインタビューで「今後数週間あるいは数カ月のうちに食料支援が行われなければ、北朝鮮は非常に激しい飢餓状態になるだろう」「あまりにも深刻な飢饉(ききん)が発生する恐れもあるため、国際社会に対して早急に北朝鮮への支援を行うよう求める」と発言した。





 国連人道問題調整事務所(OCHA)も今年4月の報告書の中で、北朝鮮における食料問題や衛生状態の実態に言及し「過去に比べて少しずつ改善はしているが、それでも北朝鮮への支援は絶対に必要だ。しかし国際社会からの支援はあまりにも不足している」との見方を示し、北朝鮮への支援を訴えた。北朝鮮における食料生産はここ数年でやや改善の兆しが見られはしたものの、それでもまだ不十分だ。国際食糧政策研究所(IFPRI)などが発表した『世界飢餓指数報告書(2014年度版)』によると、北朝鮮の全人口のうち栄養不足状態にある人の割合は、1999-2001年には37.8%だったのが、11-13年には31%へとやや改善した。穀物生産の不足量も08年には179万トンだったのが、13年には4万トンへと大きく改善した。ところが昨年から続く激しい干ばつの影響で、穀物の不足量は14年に89万トンへと再び悪化した。北朝鮮では住民1人当たりの穀物供給の目標量は昨年573グラムだったが、実際の供給量は平均383グラムだった。慢性的な食糧不足が今も続いていることが分かる。

 衛生状態も相変わらずひどい。世界保健機関(WHO)は北朝鮮における妊産婦死亡率を10万人当たり87人、乳児死亡率を1000人当たり23人と推定している。これは韓国に比べていずれも8倍高い。WHOは「生後1年未満の乳児と妊産婦36万4900人以上については、緊急のワクチン接種が必要だ」と訴えている。基本的な保健衛生サービスが受けられない人は600万人、清潔な水や衛生施設がない状態で生活する人は700万人に達するという。北朝鮮住民の平均寿命は男性65.6歳、女性72.4歳で、男女とも韓国に比べて12年ほど短い。
2015年6月30日(火)9時46分配信 朝鮮日報日本語版


貯水池・地下水…北朝鮮、「最悪の干ばつ」と戦争

「最悪の干ばつを乗り越えろ」。北朝鮮が昨年に続き今年も干ばつと戦っている。今年は昨年より心配が深い。昨年の干ばつの影響で田植えの水が不足しているからだ。
北朝鮮の朝鮮中央通信は6月8日現在、全国的に44万1560町歩(1町歩=3000坪)で田植えをしたが、13万6200町歩で枯れつつあると報じた。被害が最も大きい地域は穀倉地帯として知られる黄海南北道と平安南道、咸鏡南道など。黄海南道は田植えをした面積の80%、黄海北道は58%が乾いた状態だ。国連食糧農業機関はコメをはじめとする北朝鮮の今年の穀物収穫量が12-26%減少すると予想している。

北朝鮮は昨年からこうした事態に備え、いくつかの方法を動員してきた。貯水池など建設して流れる水をためたり、井戸を掘ったり、地下水を吸い上げたりした。何よりも北朝鮮は昨年、最悪の干ばつを克服した最も大きな要因に圃田担当制を挙げる。圃田担当制は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記体制に入って導入された制度だ。過去、北朝鮮では数十人から100人程度まで共同で農作業をし、生産物をほとんど国に納めた。しかし現在は10-25人で構成されていた分組を家族単位の3-5人に分けて「圃田」と呼ばれる田畑を作り、一部は税金として納め、残りは実績に基づいて個人が保有する。

個人が保有できるため、農民は増産のために汗を流した。北朝鮮農業科学院農業経営研究所のチ・ミョンス室長は28日、「圃田担当制の導入で、昨年、干ばつとなった不利な気候条件でも穀類が増産された」と説明した。平均主義より成果主義が良いということを北朝鮮も知ることになったのだ。こうした努力の結果、昨年は干ばつにもかかわらず、穀物収穫量が571万トンと、2013年に比べ5万トン増えた。
今年は干ばつと戦うために水節約型農法を本格的に導入する。金正恩第1書記は今年の新年の辞で「農業部門は水節約型農法をはじめとする科学農法を積極的に取り入れるべき」と指示した。乾いた土地を耕した後に田植えをし、一つ一つに水をやる方法だ。水を張って田植えをする従来の方法とは違う。昨年、黄海南道白川郡はこの方法を導入し、2013年に比べ、水の消費量を減らしながらも生産は7000トン増やしたという。

水節約型農法などで干ばつを乗り越えても心配がなくなるわけではない。北朝鮮の本当の心配は洪水だ。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報によると、パク・ヨンナム平壌順安区域協同農場管理委員長が「水節約型農業などで干ばつは何とかなりそうだが、梅雨に雨が降れば…」と心配する部分も出てくる。「干ばつには終わりがあっても梅雨には終わりがない」という言葉もある。干ばつは深刻な状況でもいくらか得られるが、洪水になると何も得られないということだ。
2015年6月30日(火)16時58分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
韓国、MERSの次は124年ぶりの大干ばつ=MERSよりも深刻!?
【経済危機】韓国経済、袋小路?・・・あれやこれやの「悪材料」
北朝鮮で人肉食相次ぐ。親が子を釜ゆで!大量餓死発生
米シンクタンクが南北軍事力を「韓国 2 対 11 北朝鮮」と分析
北朝鮮ミサイル費用 1900万人の1年分食糧に相当
朝鮮戦争再び?北朝鮮停戦協定破棄を宣言!韓国も警戒引上げ

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-07-02 06:20 | 政治・経済(1341)