潜入!新大久保「韓流地下アイドル公演」

新大久保「韓流地下アイドル公演」に潜入

AKB48ではないが、最近の韓流ブームは「出会える」がキーワードになっている。アイドルとお近づきになれるチャンスがある、都内屈指のコリアンタウン新大久保には、地下アイドルが定期的に公演を行うライブハウス(劇場)が複数存在し、昼間から人妻、熟女が集まっているとか。実態を明らかにするべく、本紙記者が潜入してみた。

向かったのは8月中旬の平日。某会場で行われた4人組韓国人アイドルの公演だ。午後2時からの公演(1日3公演)だというのに、開始30分前には早くもビルの前に女性ばかりの行列が…。チケット代2000円(ワンドリンク付き)をスタッフに渡すと、ライブスペースへと誘導された。
劇場はそれほど広くはないが、関係者によると100人の収容が可能。カメラでの撮影は禁止だった。大入り満員で、ペンライトやキラキラうちわを持った〝韓流妻〟が今か今かと目を輝かせている。もちろん男性客は記者一人だけの完全アウェー。客層は10~70代と幅広いが、最も幅を利かせているのは30~40代の女性たちだ。

4人がステージに上がると黄色い歓声が上がり、ライブがスタート。K?POPに疎い記者には誰の曲を歌っているのかさっぱり分からないが、盛り上がるのは彼らのオリジナル曲だ。
ライブの途中で、「お誕生日の人いますか?」とメンバーが呼び掛けると、手を挙げたシズエちゃん(推定40代)とヨシコちゃん(推定50代)がステージ上に呼ばれる。指名したメンバーがその人を祝うために目を見て独唱する演出なのだが、見ている韓流妻たちは「いいなぁー」とウットリ。ヨシコちゃんがハグされると会場からキャーッと悲鳴がわき起こり、記者はえも言われぬ頭痛に襲われた。
約1時間のライブが終わると、トークショーが始まった。メンバーに質問ができるコーナーで、30代の女性は「好きな果物は何ですか?」とどうでもいい質問。メンバーが「メロン」「みかん」と答える度に、なぜか「キャーッ、かわいい」と歓声が飛ぶ。

続いてメンバーへの差し入れタイム。汗を流したメンバーにタオルやメッセージ付きの扇子などが献上される。タオルの山が4つできる。
もう終わりかと思いきや、韓流妻は一斉にバッグから化粧品を取り出し、メークを始めた。お待ちかねのチェキ撮影会(1枚500円)の始まりだ。
不細工な顔では写れないと、丹念に修正を施し、メンバーに抱きついて写真を撮ってもらう。その表情はまさに乙女そのもの…。あなたの奥さんは大丈夫ですか? 
2011年09月10日 東京スポーツhttp://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=15579

【関連記事】
韓流人気、山手線新大久保駅の営業収入4割増
韓国人男性の不倫率は世界2位!
韓国人の驚くべき整形観、日本のブスはなぜ整形しない?
韓国大学生46%、彼女暴行した事ある!徴兵制度の影響?
芸能プロ経営韓国暴力団「出演させろ」と脅すのは日常茶飯事

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-07 23:43 | 社会問題(489)