韓国在住の外国人妻、半数がDV被害に遭う!

韓国に10万人以上の外国人妻、半数がDV被害に遭う―台湾紙


台湾紙・聯合報によると、韓国人と入籍し韓国に入国する外国人妻が近年10万人を超えているが、その半数近くがDV(家庭内暴力)被害に遭っているという。中国新聞網が伝えた。
同記事によると、韓国人の夫や夫の家族が外国人妻に対して、韓国語を学ばせない、暴力を振るうなどのケースが後を絶たず、嫁ぎ先から逃げ出し、韓国語を学習しながら仕事を得て生活費を稼ごうとする外国人女性が増えているという。

韓国では男女人口比に偏りがみられ、女性の自立意識が台頭してきたことも手伝って、特に農村部では嫁不足が深刻な状況だ。そのようななか、アジアの発展途上国から嫁探しをする男性が急増している。しかし故郷を離れ異国に嫁ぎに来る女性たちは、文化、言葉や生活への適応を迫られる上、DV被害に遭うケースも少なくない。ある調査によると、半数近くの外国人妻が夫に殴られたことがあると答えているという。
こうした外国人妻の保護のために建設された保護施設も存在する。例えば天台宗によるある女性限定宿泊施設は、食事医療を補助し、自立の機会を提供しているという。2010年1月24日 Record China

【関連記事】
未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷!
性犯罪外国人、永久入国禁止=韓国
韓国大学生46%、彼女暴行した事ある!徴兵制度の影響?
韓国「女性相談の3割はDV(家庭内暴力)、上位にある浮気8.5%、性暴力7.6%も問題」
韓流人気、山手線新大久保駅の営業収入4割増

人気ホームページランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-01-19 22:07 | 社会問題(489)